一般的に飲み薬は、コップ1杯程度の水、またはぬるま湯で飲むように作られています。
緊急の場合を除いては、水以外のものでは飲まない方がよいでしょう。
また薬を水なしで飲むと溶けにくいので、吸収が遅れ効果が現れにくくなったり、場合によっては、溶けずに便として出てしまうこともあります。